普通コース(2年~)
普通コース(2年~)

 

 

クリックすると拡大します

 進学や就職に必要な基礎学力の充実を図ります。
 このコースでは3年間で将来、大学・短大・専門学校進学や就職など、さまざまな進路に進めるように基礎学力の充実を目指します。
 本校では、1年生のさかのぼり学習で中学校での学習の遅れや苦手の解消を図り、大学・短大・専門学校への進学に必要な基礎学力を身につけ、日常生活に求められる知識や教養、社会性を習得します。
 コース科目には大学受験を意識した「英語構文理解」「日本史B」などがありますが、理系や看護系への進学希望者には「化学基礎」などの選択科目や個別に補習を実施して、受験や進学後の準備をしています。また、保育系や家政系の4年制大学進学希望者にも適しています。

授業紹介

日本史B

 
 文系大学入試の際の入試科目として頻度の高い「日本史B」を履修します。
 原始から近世代まで範囲の広い「日本史B」は普通コースでは2年・3年と2年間をかけて学びます。教科書だけでなく史料を利用して、視覚的に訴えかけるわかりやすい授業が生徒の理解を広げます。
 

英語構文理解

 
 この科目では、2学年全コース共通の英語の授業より発展的な学習を行います。最初は品詞の性質など、基礎的な内容から始めていき、徐々に応用的内容へと移行していく授業展開を取っています。
 総合演習問題集を教科書として使用し、構文を意識した長文読解、文法、語法、語彙など多分野を総合的に学習します。
 

数学A

 
 「場合の数と確率」、「図形の性質」、「整数の性質」の三つの章からなり、数の問題に加え、図形について知ることで、より生活に関係のある事象について数学的な考え方が出来るようにします。また、自然に起こる事柄について、自分で計算し、実際に作図することで数学への興味を深めることが出来ます。
 

政治経済

 
 今、起きている問題を主体的に考える力を身につけることを目的にしています。そのために、政治・経済の仕組みをしっかりと学習し、社会の中で何が問題になっているのかを見極める力を養います。受講者が興味を持ったテーマを探求し、レポートにまとめます。過去のテーマは消費税と福祉、少子高齢化、労働問題など多岐にわたります。

コース主任の声

 将来、大学・短大・専門学校進学や就職など、さまざまな進路が選択できるように基礎学力の充実を目指します。大学受験を意識した科目を履修することで、多方面の知識が得られ、いろいろな観点から自分の関心や適性を知ることができます。理系、看護系の進学のために選択科目として「化学基礎」を履修することも可能です。将来を考えて、前向きな気持ちで学ぶことで、いろいろな可能性が広がります。
 

普通コース担当教諭 五十嵐かえで